あずきについて

あずきは一般的に東アジアが原産地とされていますが、最近の研究により、ヤブツルアズキ(V.angularis var. nipponensis(Ohwi) Ohwi & Ohashi)が広範な地域に分布していることがわかり、その栽培化が行われた地域を再評価する必要があります。

 

江戸時代の学者、貝原益軒によれば、「あずき」の名前の由来は、「あ」が「赤色」を、「つき」および「ずき」が「溶ける」を意味し、赤い色で煮ると皮が破れて豆が崩れやすいことから「あずき」と呼ばれるようになったとされています。

英語では "adzuki bean" や "small red bean" などと表記されますが、「small red bean」はあずきではなく、赤いいんげん豆を指すことがあるため注意が必要です。

日本では、縄文時代から古墳時代前期までの遺跡からあずきの炭化種子が見つかっており、奈良時代初期の「古事記」に初めてその名前が登場します。

 

あずきは古くから日本や中国、朝鮮などで重要な食材であり、その赤い色には神秘的な力があると信じられ、様々な行事や儀式で使用されてきました。これらの習慣は中国を起源とし、朝鮮半島を経て日本に伝わったと考えられています。

 

日本の主要産地は北海道で、国内生産量の8割強を占めています。また、輸入ものは主として中国から天津小豆(てんしんしょうず)、東北小豆(とうほくしょうず)などの銘柄で輸入されています。

あずきの普通品種には、「エリモショウズ」、「きたのおとめ」、「しゅまり」などがあり、その中でも「エリモショウズ」が作付面積の約半分を占めています。

また、あずきの種皮の色には赤以外にも黒、白、緑、茶、灰白、斑紋、白地赤斑などがありますが、国内で生産されているのは主に白小豆(しろあずき)と呼ばれる白い系統のあずきです。

例として、岡山県の「備中白小豆」や北海道の「きたほたる」などが、ごくわずかながら生産されています。 あずきのほとんどは餡や菓子の原料になり、和菓子、冷菓、菓子パン、汁粉、ゆであずきなどに用いられています。白小豆は貴重なあずきの白餡となり、生菓子、羊羹、最中等に用いられます。

引用:日本豆類協会

ブログに戻る