金時について

金時豆は、日本のいんげんまめの中で特に有名で、北海道で主に栽培されています。その中でも「大正金時」は代表的な品種で、昭和初期に北海道十勝地方で発見され、大正村で量産されたことからその名前がついたそうです。

この品種は蔓なしで、大きな種子が特徴で、後にさまざまな品種改良が行われ、「北海金時」や「福勝」、「福良金時」、「福寿金時」などが生まれました。また、赤い皮を持つ「金時豆」と、白い皮を持つ「白金時豆」があり、それぞれ「金時豆」と「白金時豆」として流通しています。

金時豆は、その粒の形が優れ、食味も良いため、特に煮豆用に適しています。また、甘納豆の原料としても重要であり、白金時豆は白餡の原料としても利用されます。その美しい赤紫色や白色が特徴的で、見た目にも楽しい食材です。 このような特長から、金時豆は日本の料理やお菓子作りに広く利用され、その地域の特産品として親しまれています。

引用:日本豆類協会

ブログに戻る