豆のもどし方

ステンレスボトルでかんたん!ゆで大豆の作り方

ステンレスボトルでかんたん!ゆで大豆の作り方

1.ポットの中に大豆を入れる(最大ポット1/3まで) 2.ポットの中で大豆を洗い、ポットに豆が入ったまま水を切る 3.ポットの中に沸騰したお湯を入れ、入れたお湯を捨てる(ポットの中を温めるため) 4.ポットの中に再度お湯を入れ4時間程放置する 5.出来上がりです

ステンレスボトルでかんたん!ゆで大豆の作り方

1.ポットの中に大豆を入れる(最大ポット1/3まで) 2.ポットの中で大豆を洗い、ポットに豆が入ったまま水を切る 3.ポットの中に沸騰したお湯を入れ、入れたお湯を捨てる(ポットの中を温めるため) 4.ポットの中に再度お湯を入れ4時間程放置する 5.出来上がりです

豆のゆで方

豆のもどし方・煮方 

小豆・大納言  もどし方: もどす必要はありませんのでよく洗ってからそのまま茹でてください。 ※長時間水につけたままにしておくと、その後煮ムラにもなりゴリゴリとしてうまく煮えなくなります 煮方: 鍋に豆の分量の約4〜5倍の水(レシピに水の量を記載のものはレシピに従う)と豆を入れます。 そのまま強火にかけ、煮立ったら弱火にして2〜3分煮、一度ゆで汁を捨てます。 再度 と同量の水を入れ、皮が破けやすいので弱火でゆっくり煮ます。 途中で丁寧にアクを取り、吹き上がってきたら差し水(冷たい水のこと。一度に差す量は30cc程度加え、吹きこぼれを抑え早くやわらかく煮る役割がある)をします。 ゆで時間:60~90分   インゲン類(大正金時・白花豆など)  もどし方: 皮が破けないよう、軽く水で洗ってからもどします。 水の場合 4〜5倍の水に10時間ひたす。 お湯(70℃〜50℃)の場合 4〜5倍のお湯に6時間ひたします。 煮方: もどした豆は、水気をきらずにそのまま強火にかけ、ひと煮立ちしたら弱火にします。 途中アクを取りながら、吹き上がってきたら差し水(冷たい水のこと。一度に差す量は30cc程度加え、吹きこぼれを抑え早くやわらかく煮る役割がある)をします。 皮が破けやすく煮くずれしやすいので、丁寧に混ぜながらゆっくりと煮ます。 ※新豆時期は煮上がりが早いため、煮崩れにお気をつけください。 ゆで時間:60~90分   大豆 もどし方: 皮が破けないよう、軽く水で洗ってからもどします。 水の場合4〜5倍の水に8時間ひたす。 お湯(70℃〜50℃)の場合4〜5倍のお湯に5時間ひたす。 ※豆によって水につけるとしわがよることがありますが、そのまま水につけておくときれいにもどります。...

豆のもどし方・煮方 

小豆・大納言  もどし方: もどす必要はありませんのでよく洗ってからそのまま茹でてください。 ※長時間水につけたままにしておくと、その後煮ムラにもなりゴリゴリとしてうまく煮えなくなります 煮方: 鍋に豆の分量の約4〜5倍の水(レシピに水の量を記載のものはレシピに従う)と豆を入れます。 そのまま強火にかけ、煮立ったら弱火にして2〜3分煮、一度ゆで汁を捨てます。 再度 と同量の水を入れ、皮が破けやすいので弱火でゆっくり煮ます。 途中で丁寧にアクを取り、吹き上がってきたら差し水(冷たい水のこと。一度に差す量は30cc程度加え、吹きこぼれを抑え早くやわらかく煮る役割がある)をします。 ゆで時間:60~90分   インゲン類(大正金時・白花豆など)  もどし方: 皮が破けないよう、軽く水で洗ってからもどします。 水の場合 4〜5倍の水に10時間ひたす。 お湯(70℃〜50℃)の場合 4〜5倍のお湯に6時間ひたします。 煮方: もどした豆は、水気をきらずにそのまま強火にかけ、ひと煮立ちしたら弱火にします。 途中アクを取りながら、吹き上がってきたら差し水(冷たい水のこと。一度に差す量は30cc程度加え、吹きこぼれを抑え早くやわらかく煮る役割がある)をします。 皮が破けやすく煮くずれしやすいので、丁寧に混ぜながらゆっくりと煮ます。 ※新豆時期は煮上がりが早いため、煮崩れにお気をつけください。 ゆで時間:60~90分   大豆 もどし方: 皮が破けないよう、軽く水で洗ってからもどします。 水の場合4〜5倍の水に8時間ひたす。 お湯(70℃〜50℃)の場合4〜5倍のお湯に5時間ひたす。 ※豆によって水につけるとしわがよることがありますが、そのまま水につけておくときれいにもどります。...