食育

かんたん手作り豆腐

かんたん手作り豆腐

材料300g の大豆(乾燥)2リットルの水にがり手順1.大豆を浸す大豆を水に浸して、一晩(最低8時間)置きます。大豆は水を吸収し、ふくれ上がります。2.大豆を煮る浸した大豆をざるにあけ、水で洗います。水を入れた鍋に大豆を入れ、強火にかけます。沸騰したら中火にし、1時間ほど煮ます。途中で水を足して大豆が乾かないようにします。3.豆乳を作る煮た大豆をミキサーやフードプロセッサーにかけて、滑らかなペースト状にします。滑らかにした大豆ペーストを布で漉し、豆乳を絞り出します。(絞った残りの大豆のかす(おから)は再利用できます。)4.豆乳を煮る得られた豆乳を鍋に入れ、中火にかけます。豆乳が沸騰したら、にがりを数滴ずつ加え、かき混ぜます。ここで徐々に凝固剤を加え、豆乳が固まってくるのを待ちます。5.豆腐を形作る凝固した豆乳を豆腐の型に流し入れ、表面を整えます。型に豆乳を入れたら、豆腐を押さえるために重しを置き、しばらく放置します。冷水に入れると早く固まります。6.豆腐を冷やす豆腐が固まったら、冷水に入れて冷やします。冷やすことで豆腐がよりしっかりと固まります。7.完成冷やした後はお好みの味付けでお召し上がりください。注意点このレシピは基本的な手順ですが、豆腐の風味や固さを調整するためには、煮る時間や凝固剤の量を調整することもできます。楽しい豆腐作りをお楽しみください。 一般的には1リットルの豆乳に対して約200〜250gの豆腐ができます。したがって、上記のレシピで作る場合、2リットルの豆乳を使用するので、約400〜500gの豆腐ができると考えられます。ただし、豆乳の凝固度や豆腐の固さによって異なることがありますので、実際の量は微妙に異なる可能性があります。 にがりの量は、豆乳の量によって調整します。豆乳1リットルあたりにがりを小さじ1杯程度が目安ですが、豆乳の種類や凝固度によって異なります。豆乳が固まるまでの過程で少しずつにがりを加えて豆乳が固まるかどうかを確認しながら調整してください。

かんたん手作り豆腐

材料300g の大豆(乾燥)2リットルの水にがり手順1.大豆を浸す大豆を水に浸して、一晩(最低8時間)置きます。大豆は水を吸収し、ふくれ上がります。2.大豆を煮る浸した大豆をざるにあけ、水で洗います。水を入れた鍋に大豆を入れ、強火にかけます。沸騰したら中火にし、1時間ほど煮ます。途中で水を足して大豆が乾かないようにします。3.豆乳を作る煮た大豆をミキサーやフードプロセッサーにかけて、滑らかなペースト状にします。滑らかにした大豆ペーストを布で漉し、豆乳を絞り出します。(絞った残りの大豆のかす(おから)は再利用できます。)4.豆乳を煮る得られた豆乳を鍋に入れ、中火にかけます。豆乳が沸騰したら、にがりを数滴ずつ加え、かき混ぜます。ここで徐々に凝固剤を加え、豆乳が固まってくるのを待ちます。5.豆腐を形作る凝固した豆乳を豆腐の型に流し入れ、表面を整えます。型に豆乳を入れたら、豆腐を押さえるために重しを置き、しばらく放置します。冷水に入れると早く固まります。6.豆腐を冷やす豆腐が固まったら、冷水に入れて冷やします。冷やすことで豆腐がよりしっかりと固まります。7.完成冷やした後はお好みの味付けでお召し上がりください。注意点このレシピは基本的な手順ですが、豆腐の風味や固さを調整するためには、煮る時間や凝固剤の量を調整することもできます。楽しい豆腐作りをお楽しみください。 一般的には1リットルの豆乳に対して約200〜250gの豆腐ができます。したがって、上記のレシピで作る場合、2リットルの豆乳を使用するので、約400〜500gの豆腐ができると考えられます。ただし、豆乳の凝固度や豆腐の固さによって異なることがありますので、実際の量は微妙に異なる可能性があります。 にがりの量は、豆乳の量によって調整します。豆乳1リットルあたりにがりを小さじ1杯程度が目安ですが、豆乳の種類や凝固度によって異なります。豆乳が固まるまでの過程で少しずつにがりを加えて豆乳が固まるかどうかを確認しながら調整してください。

北海道十勝本別町産大豆手作り味噌

かんたん味噌作り

味噌を仕込む時期? 「味噌は冬の寒さが必要」と一般的に考えられがちですが、実際にはいつでも仕込むことができます。ただし、夏場は雑菌の繁殖が気になるため注意が必要です。一般的には冬から初夏にかけて、11月から7月初旬までの間に仕込むのが良いでしょう。なぜなら、味噌の発酵は夏に進む傾向があるため、その前に仕込んでおく必要があるからです。 どれくらいで食べられる? 一般的には、夏を越えてからが味噌の食べ頃とされます。熟成期間は夏を挟んで6ヶ月から1年ほどであり、冬に仕込んだ場合はゆっくりと発酵が進みますが、夏になると発酵が急速に進みます。その結果、夏頃からはっきりとした味噌らしい風味が醸し出されます。味噌は仕込み時期や熟成期間によって、色合いや風味が変化します。特に1年以上寝かせた味噌は、味も香りも深く、より贅沢なものとなります。 味噌の作り方 材料 ※出来上がり約800gから900g程度の場合大豆(無塩):500g麦麹:300g塩:100g作り方 1:大豆の準備大豆を水に浸して、一晩(約8時間)浸水させます。浸水後、水を捨てます。2:大豆をゆでる大きめの鍋に浸水した大豆を入れ、水を大豆の2倍量ほど加えます。強火にかけ、沸騰したら中火にし、約1時間半~2時間、大豆が柔らかくなるまでゆでます。途中でアクを取り除いてください。3:大豆をすりつぶすゆでた大豆をざるにあけ、水気を切ります。すり鉢やフードプロセッサーを使って大豆をすりつぶします。滑らかなペースト状になるまで丁寧にすりつぶしてください。4:麦麹と塩を混ぜるすりつぶした大豆に麦麹と塩を加え、よく混ぜます。全体に均一に混ざるように混ぜてください。5:味噌を詰める混ざった味噌を清潔な容器に詰めます。表面を平らに整え、空気を抜いてください。6:発酵詰めた味噌を密閉容器に入れ、冷暗所で発酵させます。冬場は発酵が遅いため、温かい場所に置くと発酵が促進されます。途中で味見をし、自分好みの発酵度合いになったら完成です。7:保存完成した味噌は冷蔵庫で保存します。開封後は冷蔵庫で保存し、早めに使い切ることをおすすめします。注意点・味噌づくりは前日の下作業もあるので、2日間かかります。・大豆の茹で時間は目安です。柔らかさを確認しながら調整してください。・発酵中は一定の温度と衛生状態を保つことが重要です。家庭で手作りする味噌は、手間暇かかりますが、その風味は一味違います。是非、お試しください。  

かんたん味噌作り

味噌を仕込む時期? 「味噌は冬の寒さが必要」と一般的に考えられがちですが、実際にはいつでも仕込むことができます。ただし、夏場は雑菌の繁殖が気になるため注意が必要です。一般的には冬から初夏にかけて、11月から7月初旬までの間に仕込むのが良いでしょう。なぜなら、味噌の発酵は夏に進む傾向があるため、その前に仕込んでおく必要があるからです。 どれくらいで食べられる? 一般的には、夏を越えてからが味噌の食べ頃とされます。熟成期間は夏を挟んで6ヶ月から1年ほどであり、冬に仕込んだ場合はゆっくりと発酵が進みますが、夏になると発酵が急速に進みます。その結果、夏頃からはっきりとした味噌らしい風味が醸し出されます。味噌は仕込み時期や熟成期間によって、色合いや風味が変化します。特に1年以上寝かせた味噌は、味も香りも深く、より贅沢なものとなります。 味噌の作り方 材料 ※出来上がり約800gから900g程度の場合大豆(無塩):500g麦麹:300g塩:100g作り方 1:大豆の準備大豆を水に浸して、一晩(約8時間)浸水させます。浸水後、水を捨てます。2:大豆をゆでる大きめの鍋に浸水した大豆を入れ、水を大豆の2倍量ほど加えます。強火にかけ、沸騰したら中火にし、約1時間半~2時間、大豆が柔らかくなるまでゆでます。途中でアクを取り除いてください。3:大豆をすりつぶすゆでた大豆をざるにあけ、水気を切ります。すり鉢やフードプロセッサーを使って大豆をすりつぶします。滑らかなペースト状になるまで丁寧にすりつぶしてください。4:麦麹と塩を混ぜるすりつぶした大豆に麦麹と塩を加え、よく混ぜます。全体に均一に混ざるように混ぜてください。5:味噌を詰める混ざった味噌を清潔な容器に詰めます。表面を平らに整え、空気を抜いてください。6:発酵詰めた味噌を密閉容器に入れ、冷暗所で発酵させます。冬場は発酵が遅いため、温かい場所に置くと発酵が促進されます。途中で味見をし、自分好みの発酵度合いになったら完成です。7:保存完成した味噌は冷蔵庫で保存します。開封後は冷蔵庫で保存し、早めに使い切ることをおすすめします。注意点・味噌づくりは前日の下作業もあるので、2日間かかります。・大豆の茹で時間は目安です。柔らかさを確認しながら調整してください。・発酵中は一定の温度と衛生状態を保つことが重要です。家庭で手作りする味噌は、手間暇かかりますが、その風味は一味違います。是非、お試しください。  

大豆は食卓に欠かせない食材

大豆は食卓に欠かせない食材

「畑の肉」と呼ばれる大豆は、豊富なたんぱく質や脂質を含む栄養価の高い食材です。日本では弥生時代から栽培されており、様々な食品や調味料に加工されています。大豆から作られる食品の中でも、みそやしょうゆ、豆腐は和食に欠かせない食材です。その他にも大豆を加工した食品はたくさんあります。   大豆からできる食べ物 枝豆 枝豆は大豆の仲間です。大豆を緑色のうちに枝ごと収穫し、ゆでて食用にするもの。そのため豆類に分類されずに緑黄色野菜に分類されています。 みそ 蒸してやわらかくした大豆に、米や麦を加えこうじ菌をつけ発酵すると大豆の栄養がうま味成分に変化してみそができます。たくさんの種類があり、みそ汁のほかにもいろいろな料理にも使われます。 しょうゆ やわらかく蒸した大豆と炒ってくだいた小麦をまぜたものに、こうじ菌をつけ、塩を加えたものを「もろみ」といいます。このもろみを発酵させ半年以上おいたものをしぼったものがしょうゆです。 納豆 蒸した、または煮た大豆に、納豆菌をまぜてつくります。ネバネバの正体は、うま味成分であり、美味しさのもとです もやし 大豆を暗いところで発芽させたものです。野菜炒めをつくるときに入れたり、ラーメンに入れて食べます。緑豆やそばからつくるもやしもあります。 きな粉 炒った大豆を粉にしてつくります。おはぎ、おもち、お団子などにまぶして美味しいおやつに。 豆乳 大豆を水につけてすりつぶし、煮たものを、こして絞ったものです。 豆腐 豆乳に「にがり」を加え、固めて作ります。「もめん豆腐」「絹ごし豆腐」などの種類があります。 自宅で豆腐がつくれる手作り豆腐キットをご用意しております。 油揚げ 豆腐をうすく切って、油であげたもの。いなり寿司にしたり、そばやうどんにのせて食べたりします。  

大豆は食卓に欠かせない食材

「畑の肉」と呼ばれる大豆は、豊富なたんぱく質や脂質を含む栄養価の高い食材です。日本では弥生時代から栽培されており、様々な食品や調味料に加工されています。大豆から作られる食品の中でも、みそやしょうゆ、豆腐は和食に欠かせない食材です。その他にも大豆を加工した食品はたくさんあります。   大豆からできる食べ物 枝豆 枝豆は大豆の仲間です。大豆を緑色のうちに枝ごと収穫し、ゆでて食用にするもの。そのため豆類に分類されずに緑黄色野菜に分類されています。 みそ 蒸してやわらかくした大豆に、米や麦を加えこうじ菌をつけ発酵すると大豆の栄養がうま味成分に変化してみそができます。たくさんの種類があり、みそ汁のほかにもいろいろな料理にも使われます。 しょうゆ やわらかく蒸した大豆と炒ってくだいた小麦をまぜたものに、こうじ菌をつけ、塩を加えたものを「もろみ」といいます。このもろみを発酵させ半年以上おいたものをしぼったものがしょうゆです。 納豆 蒸した、または煮た大豆に、納豆菌をまぜてつくります。ネバネバの正体は、うま味成分であり、美味しさのもとです もやし 大豆を暗いところで発芽させたものです。野菜炒めをつくるときに入れたり、ラーメンに入れて食べます。緑豆やそばからつくるもやしもあります。 きな粉 炒った大豆を粉にしてつくります。おはぎ、おもち、お団子などにまぶして美味しいおやつに。 豆乳 大豆を水につけてすりつぶし、煮たものを、こして絞ったものです。 豆腐 豆乳に「にがり」を加え、固めて作ります。「もめん豆腐」「絹ごし豆腐」などの種類があります。 自宅で豆腐がつくれる手作り豆腐キットをご用意しております。 油揚げ 豆腐をうすく切って、油であげたもの。いなり寿司にしたり、そばやうどんにのせて食べたりします。  

豆たちの道のり

豆たちの道のり

豆たちが来た道 日本でおなじみの大豆、小豆、ささげ、いんげん豆、べにばないんげん、えんどう、そら豆、落花生はいつ、どこからやってきて、栽培されるようになったのでしょうか。 日本の豆の来た道を調べてみると、ほとんどが中国を経由して伝わり、大豆が弥生時代の初期に、次に小豆が、えんどうやそら豆は8世紀頃伝わったとされています。 栽培については、農耕の開始とともに穀類と並ぶ作物として生産されるようになったといわれています。乾燥豆は貯蔵性が高いうえ、高たんぱくな栄養食として重宝されてきました。また、マメ科植物の根に共生する根粒菌の働きによって、地力(ちりょく)の維持・向上が望めることなどから、各地で栽培されるようになりました。 豆たちはこうして日本にやって来た 大豆 紀元前 弥生時代ツルマメを起源とし、中国では数千年前から栽培されていた。日本へは弥生時代初期に、中国から朝鮮半島を経て、伝わったとされる。 小豆飛鳥時代原産地は東アジアとされてきたが諸説ある。古代遺跡からの小豆種子の出土例では日本が最も古いことから、日本が起源という説も。また、『古事記』にも小豆の名が記されている。えんどう、そら豆 奈良時代えんどうは新石器時代の遺跡から種子が発見されており、人類と古いかかわりを持つ豆のひとつ。日本へは遣唐使が中国から持ち帰ったとされる。そら豆は西アジアや北アフリカで発祥したと考えられており、中国には前漢時代(紀元前126年)に伝わり、日本へは奈良時代にインドの僧侶によって、中国経由でもたらされたという説もある。ささげ平安時代アフリカが原産と考えられており、平安時代の東大寺の記録に、ささげを意味する豆の名が残されていることから、この頃までに中国から渡来したと考えられている。いんげん豆 江戸時代中央アメリカから南アメリカが原産地と考えられている。ヨーロッパ経由で中国に伝わり、江戸時代(1654年)に中国の渡来僧 隠元によって伝えられたという説が一般的。落花生南米原産で、日本へは中国から伝来したため「南京豆」の別名がある。日本での本格的な栽培は1874年、政府によるアメリカからの種子の導入と栽培の奨励から。べにばないんげん(花豆)江戸時代末期、オランダ人が持ち込み、花の観賞用として栽培。食用としては明治時代に入ってからで、1914年には北海道で本格的に栽培を開始した。   出典:関東農政局Webサイト

豆たちの道のり

豆たちが来た道 日本でおなじみの大豆、小豆、ささげ、いんげん豆、べにばないんげん、えんどう、そら豆、落花生はいつ、どこからやってきて、栽培されるようになったのでしょうか。 日本の豆の来た道を調べてみると、ほとんどが中国を経由して伝わり、大豆が弥生時代の初期に、次に小豆が、えんどうやそら豆は8世紀頃伝わったとされています。 栽培については、農耕の開始とともに穀類と並ぶ作物として生産されるようになったといわれています。乾燥豆は貯蔵性が高いうえ、高たんぱくな栄養食として重宝されてきました。また、マメ科植物の根に共生する根粒菌の働きによって、地力(ちりょく)の維持・向上が望めることなどから、各地で栽培されるようになりました。 豆たちはこうして日本にやって来た 大豆 紀元前 弥生時代ツルマメを起源とし、中国では数千年前から栽培されていた。日本へは弥生時代初期に、中国から朝鮮半島を経て、伝わったとされる。 小豆飛鳥時代原産地は東アジアとされてきたが諸説ある。古代遺跡からの小豆種子の出土例では日本が最も古いことから、日本が起源という説も。また、『古事記』にも小豆の名が記されている。えんどう、そら豆 奈良時代えんどうは新石器時代の遺跡から種子が発見されており、人類と古いかかわりを持つ豆のひとつ。日本へは遣唐使が中国から持ち帰ったとされる。そら豆は西アジアや北アフリカで発祥したと考えられており、中国には前漢時代(紀元前126年)に伝わり、日本へは奈良時代にインドの僧侶によって、中国経由でもたらされたという説もある。ささげ平安時代アフリカが原産と考えられており、平安時代の東大寺の記録に、ささげを意味する豆の名が残されていることから、この頃までに中国から渡来したと考えられている。いんげん豆 江戸時代中央アメリカから南アメリカが原産地と考えられている。ヨーロッパ経由で中国に伝わり、江戸時代(1654年)に中国の渡来僧 隠元によって伝えられたという説が一般的。落花生南米原産で、日本へは中国から伝来したため「南京豆」の別名がある。日本での本格的な栽培は1874年、政府によるアメリカからの種子の導入と栽培の奨励から。べにばないんげん(花豆)江戸時代末期、オランダ人が持ち込み、花の観賞用として栽培。食用としては明治時代に入ってからで、1914年には北海道で本格的に栽培を開始した。   出典:関東農政局Webサイト

だいず(大豆)

だいず(大豆)

黄色のものが普通ですが、「黒大豆」や「青大豆」もあります。豆腐、納豆、豆乳のほか、みそ、しょうゆや食用油などに使われています。日本全国各地で作られています。 大豆は食卓に欠かせない食材です       枝豆は豆がかたくなる前に収穫した若さやです。

だいず(大豆)

黄色のものが普通ですが、「黒大豆」や「青大豆」もあります。豆腐、納豆、豆乳のほか、みそ、しょうゆや食用油などに使われています。日本全国各地で作られています。 大豆は食卓に欠かせない食材です       枝豆は豆がかたくなる前に収穫した若さやです。

きんときまめ(金時豆)

きんときまめ(金時豆)

  赤紫色で細長い形のいんげん豆で、煮豆や甘納豆に使われています。主に北海道で作られています。同じいんげん豆の仲間の豆が世界中で作られていて、煮込みやサラダなどいろいろな料理に使われています。   きんときまめ(金時豆)の花 きんときまめ(金時豆)のさや 引用:日本豆類協会

きんときまめ(金時豆)

  赤紫色で細長い形のいんげん豆で、煮豆や甘納豆に使われています。主に北海道で作られています。同じいんげん豆の仲間の豆が世界中で作られていて、煮込みやサラダなどいろいろな料理に使われています。   きんときまめ(金時豆)の花 きんときまめ(金時豆)のさや 引用:日本豆類協会